ホーム  >  管理業務

賃貸管理 サービスの内容 管理業務

契約・更新・退去手続き代行

入居に際して、入居手続きが必要になります。とりわけ契約書は法的な根拠になる重要な書類です。落ち度のない内容で、確実に取り交わしを行うことが求められます。また、入居者様に行う重要事項説明に関しても、宅地建物取引主任者が責任を持って対応いたします。入居前には、入居者審査と保証会社への加入を勧め、大切な賃料の損害の発生を抑止しています。これら以外にも入居マナー説明など、後のトラブル回避のため、安心して物件をお預けいただくための重要な手続きを行います。

契約期間に基づく更新の手続きは、入居者様に対する事前案内、更新書類の取り交わし、
更新料の入金管理を行います。
万一、退去となった際にも、迅速な手続きと次の入居者獲得に向けた広告掲示などをスピーディーに行います。

退去に際しては、退去受付に始まり、退去立会いと書類の取り交わし、
敷金精算、リフォーム手配などを迅速に進める一方で、次の入居者獲得に向けた対策も同時に検討を進めます。

これらの繊細かつ多くの手続きを1室/1戸単位で代行いたします。

入居者の苦情取次対応

入居者からの不満や苦情に対する問い合わせは、日夜を問わず入ります。
例えば、設備の不具合、入居者のマナー、隣接住戸からの騒音、災害連絡など多岐にわたります。時には感情的に申し出てくるケースもあり、冷静かつ適切な対応が求められます。何より、対応には、迅速な初期対応が重要です。当社では経験豊富なスタッフを中心に、直ぐに対処できる体制作りを行っております。また、夜間や休日など対応できない時間帯をカバーするため、入居者様に24時間サポートが受けられるサービスへの申し込みや火災保険への加入をお願いしています。

賃料回収、退去精算

家賃回収の業務を代行する場合は、
経理担当者が家賃回収管理を行います。
賃料の支払いが遅れている入居者に対しては、オーナー様に代わり、支払い催促を電話連絡、書面、訪問等の手段を使って行います。悪質なケースでは、弁護士と相談の上、法的措置を行うこともあります。

また、退去時には退去者立ち会いのもと、修繕箇所の特定と負担者・割合を決定します。
オーナー様と直接やりとりはトラブルになる可能性があり、相互に納得できる調整役として機能いたします。
入居者負担に対しては、退去精算を行いリフォーム費用等の精算・返金(回収)を行います。
オーナー様に対しましては、特定の修繕箇所の改修と追加的に必要な設備をご提案の上、次の募集賃料を決定します。

ページトップへ